年賀状添え書き

スポンサードリンク

年賀状添え書き

近年の年賀状は活字の文字ばかりです。
年賀状が来るのはまだいい方で、年始のあいさつ「おけおめ、ことよろ」はメールで済ましてしまう人が多くなっています。

 

そんなことで、年々届く年賀状も年々減っています。
毎年そうですが、自分あての年賀状が届くとうれしいです。
お正月のうちは一日に何回も見てしまいます。

 

 

メールで済ませるのもいいと思いますが、新年の初拶としては、ぜひ年賀状を出すことをおすすめします。出さに人が出すのは大変にろうりょくが入ります。
せめて、今年賀状を出すことを習慣にしている人は、出すのをやめないでください。

 

 

冒頭にも書きましたが、近年は印刷しただけの年賀状をいただくことが多いです。
印刷だけの中に手書きで一言でも添え書きがあると、
受け取った嬉しさ全然違ってくると思います。
私は、すべての方に添え書きをしています。
とりあえず出さねければならない人にも書いたほうがいいです。
「年賀状の添え書きをしないのなら、出さないほうがいい」くらいに思っています。

 

なかなか1年間会えずに年賀状だけのお付き合いの人もいますし、
友人などにも、新年最初の挨拶と思うと、添え書きの内容は
迷うとこですが、閃いた言葉を書いています。

 

このひらめきを大事にしています。
ひらめきがないときは困ってしまいます。
そんな時でも何とか絞り出して一言添え書きをするようにしています。

スポンサードリンク