謹賀新年・恭賀新年・迎春・賀正の意味

スポンサードリンク

謹賀新年・恭賀新年・迎春・賀正の意味

年賀状を作成するシーズンになりました。最近はコートを着たいくらいめっきり寒いので、そろそろ年賀状をどうにかしないとならないなぁということが脳裏によぎりました。

 

年賀状は新年のご挨拶をするものです。「あけましておめでとうございます」と書くのが最も多いかと思います。「あけましておめでとうございます」のほかに、「謹賀新年」とか「恭賀新年」という言葉を使って相手に失礼などは無いのか?

 

そもそもどんな意味なのかということを調べてみました。

 

これらは、「賀詞(がし)」と呼ばれており、四文字のものと2文字の物があります。この6種類ほかにも、恭賀初春や笑門来福がありますが、この2つはあまり見かけません。

 

何気なくこれらの言葉を使って年賀状を書いていますが、一体どんな意味があるのでしょうか?

 

すべて同じではないようです。

 

謹賀新年

「謹んで」と言う言葉には、つつしんで喜びを申しのべるという意味があり、相手に敬意をあらわす言葉となります。

 

良かった、私はこの言葉を好んで使っているので、相手に失礼はないようです。

 

 

恭賀新年

「恭賀」にはうやうやしく祝うという意味があります。

 

うやうやしくとは、相手を敬って、礼儀正しく振る舞うさま。丁重なさま。

 

 

新春

新春は文字通り、新年。初春?(はつはる)?。正月。の意味があります。

 

1月なのに、春と言うのはしっくりこないという方も多いかと思いますが、
旧暦では1月〜3月までを「春」としていましたので、その名残です。

 

 

迎春

文字通り、「春を迎えました」という意味になります。

 

新年を迎える念頭の挨拶です。

 

 

賀正

「がしょう」と読んでいる方が多いかと思いますが、「がせい」とも読みます。

 

新年を祝うという意味ですが、謹賀新年などに比べると、簡易的な表現になります。

 

 

頌春

「しょうしゅん」と読みます。

 

新年もほめたたえること。

スポンサードリンク