はがきデザインキット 住所取り込み失敗

スポンサードリンク

はがきデザインキット 住所取り込み失敗

郵便局の無料年賀状作成ソフトのはがきデザインキットに住所を取り込もうとして失敗しました。

 

トップ画面から、あて名面作成→住所読込→SCVファイル読込から手持ちのCSVファイルで住所録を取り込もうとしたのですが、何回やっても取り込むことができませんでした。

 

CSVファイルを選んで、適応する項目住所は住所、郵便番号は郵便番号へと対応する項目を合わせて実行しても取り込むことができません。

 

しばらく考えて、はがきデザインキットのフォーマットを使ったらどうかなとおもいやってみました。

 

CSVファイル読み込みをする画面から、デザインキット専用CSVをダウンロードしました。format.csvというファイルです。

 

このファイルを開いて、エクセルの列ごとに初めのCSVファイルからコピーをしました。

 

そのまま取り込むと郵便番号の最初の数字が0(ゼロ)で始まる郵便番号のその0(ゼロ)が消えていました。

 

一度とりこんだデータを全て消して、エクセル側でCSVファイルでメンテしました。1234567、このように7ケタで入力していたのですが、これがよろしくありませんでした。

 

これを3ケタと4めための間にハイフン(-)を入れました。初めはマクロを組んでハイフンを入れようと思いましたが、考えてみれば100にも満たない住所のリストなので、手作業でハイフンを入れることにしました。

 

こんな感じだったのが、1234567 → 123-4567こんな感じにしました。

 

これでもういいだろうと思いじっくり見てみると、リストがあいうえお順に並んでいません。ふりがながなかったが原因です。

 

そこでまたメンテをしました。これもすべてて入力です。数が少ないので楽勝でした。

 

これで、住所録は完成!はがきデザインキットに無事に取り込むことができました。取り込んで早々にどんなものかバクアップをとってみました。

 

はがきデザインキットの項目で言うと住所データの書き出しです。
リストの人数をずべて選択(左の下の方にチェックするところがあります。)

 

それで書きだすのですが、次の画面で、区切り方の選択(カンマ、タブ。セミコロン)これはカンマを選択。

 

レコード区切りは、わたしの場合はwindowsを選んでOKを押すと次の画面に行くので、全部の項目を選んでSCVを書き出せます。そうするとaddress_list.csvというファイルがダウンロードされます。

 

忘れないように書き留めました。

スポンサードリンク